焼きうどんは誰が考案したの?

焼きうどんは好きですか?
汁物は人数分の汁や具材とどんぶりを用意する必要がありますが、大皿に載る量を作ることができれば立食パーティーに出すメニューとして焼きうどんなどは最適です。
バーベキューの「しめ」の焼きそばのように、玉うどんとソースは大勢で食事を摂る際には欠かせないほど便利です。

「元祖焼きうどん」が生まれた記録は定かではありません。玉うどんを使って焼きそばと同様に調理してみたら「おいしかった」というレシピが全国的に広まり今日に残っているのです。

具材と一緒に炒める前に電子レンジで麺を温めると焦げ付き防止になり、美味しく作ることができます。

隠し味に醤油を使います。お好み焼きソースを使うと縁日の露天のような味になります。

具材は豚肉、キャベツ、タマネギ、もやしが基本ですが、にんじん、ピーマン、かまぼこ、天かす、豚肉の代わりに牛肉、たこ焼きやお好み焼きのようにタコやさくらえびを入れます。

トッピングに青のりやかつお節をかけると、たこ焼きなのかお好み焼きなのか焼きそばなのか判らなくなる見た目や味になります。
各家庭や地方によってそれぞれ味が違いますが、夕食に焼きうどんを作ってくれた母を思い出してしまいます。

「元祖焼きうどん」が生まれた記録は定かではありませんが、考案者はお母さんですね。

味やおいしさの違いは、汁物のうどんは麺の形状、コシや具材により大きく違い、焼きうどんはソースの量、具材や焼き加減により大きく違います。安全に火を扱えるようになれると子供でも意外と簡単に作ることができるので、お母さんの家事のお手伝いとして作ってみてはいかがでしょうか?闇金 解決